ENGLISH
大桑村 OKUWA VILLAGE
文字サイズ 
小中大
背景色 
サイト内検索 
現在位置:Topの中の行政情報の中の各課からのお知らせの中の教育委員会から大桑村歴史民俗資料館

大桑村歴史民俗資料館



施設情報


【開館時間】 9:00~16:30
【休館日】  月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日火曜日)
【入館料】  大人200円 小人100円
       団体(20名以上):大人150円 小人50円
【TEL】   0264‐55‐3550
【住所】   〒399-5501
       長野県木曽郡大桑村大字殿1‐58
       JR須原駅より徒歩10分


展示室ホール


ホールの天井は、伝統的な小屋組技法によっ
て建てられています。

この天井を支えるのは、木曽五木(ヒノキ、
コウヤマキ、サワラ、
アスナロ、ネズコ)の
大木です。 

大桑村は総面積の96%を森林が占め、林業
とは切っても切れない
歴史があります。特に
「木曽の五
木」は昔から大切に育てられてき
ました。

  

特別展示室



大桑村には縄文時代の遺跡が数多くあり、人々の生活の跡が村内の各所の遺跡
に見られます。また、
大桑村の歴史を時代ごと絵図で紹介しています


人面装飾付き有孔鍔付土器


この土器は、村内の大野遺跡で
つかった縄文時代中期(約40
00
5000年前)の竪穴住居跡
から出土
しました。現在のとこ
ろ“日本一
大きな顔”とされ、全
国的な注目
を集めています。平
成30年には、
長野県宝にも指
定され、愛称も公
募の中から
“悠久のほほ笑み”に決まりまし
た。

 

道と宿



木曽川に沿った一筋の道は、古くは木曽古道として開け、近代は中山道として
用され現在は国道19号として政治・経済・文化的にこの村に大きな影響を
与え
てきました。ここでは江戸時代からの生活用品・農機具を展示し、「木曽
街道十
一宿図」で木曽の宿場を紹介しています。


昔懐かしい生活の道具


大正時代から昭和40年頃にか
けての様々
な「もの」。年配の
人にとっては、懐かし
い情景や
記憶をたぐりよせる品々が。若
い人
には、新しい発見や驚きが
あるかも知れ
ません。

 

その他の展示コーナー


 
<養蚕コーナー>           <山の仕事の道具コーナー>

企画展・コンサート・講演会など


展示室ホール・多目的室・研修室では、展示・コンサート・勉強会などを企画
しています。
開催予定の企画については、資料館窓口に確認するか、生涯学習情報「まなび
ましょう」を参照してください。
 ⇒生涯学習情報「まなびましょう」

 
<小中学生作品展>                  <絵本原画展>

この記事についてのお問い合わせ先
大桑村歴史民俗資料館 TEL 0264-55-3550 (木曽広域ケーブルテレビIP電話**55-3550)
大桑村教育委員会子ども教育係 TEL 0264-55-1020 (木曽広域ケーブルテレビIP電話**55-1020)

大桑村ロゴ大桑村
〒399-5503 長野県木曽郡大桑村長野2778  (アクセスマップ
TEL 0264-55-3080  FAX 0264-55-4134 (法人番号1000020204307)
Copyright (c) 大桑村  All rights reserved.